解体工事中のトラブル〜壁に穴を空けられてしまった〜

家を建て直す、土地を売りに出す等の場合、元にあった建物を解体することになりますが、この解体工事には周辺とのトラブルが発生しやすいとも言われています。

解体工事におけるトラブルには対象の家の壁と間違ってしまい、隣の家の壁に穴を空けてしまったという事例も稀に見られますが、こういった場合、責任の所在や修理についてはどの様になるのでしょうか?

基本的に穴を空けられた時点で、解体業者の方から謝罪なりの一報があるはずです。

修理代についての話し合い、修理する業者への手配などがされ、修理が終わるまで責任を持つのが優良な解体業者といえます。

しかし、中には素知らぬ振りをしたり、気づかないというケースもあり、被害にあった家主は見つけた時点で解体業者に申し入れましょう。

下請け業者である場合は元請けの建設会社の方に問い合わせると良いでしょう。

【気になる記事】http://flisolcampinas.net/